ディスクロージャーポリシー

1.情報開示の基準

シンプレクス・ホールディングス株式会社(以下「当社」といいます。)は、金融商品取引法等の諸法令及び東京証券取引所の定める適時開示等に関する規則(以下「適時開示規則」といいます。)に従って、透明性、公平性、継続性を基本とした迅速な情報開示を行います。また、諸法令及び適時開示規則により開示が義務付けられる情報に該当しない場合でも、株主や投資家の皆様に当社を理解いただくために重要又は有益であると判断した情報につきましては、積極的かつ公平に開示します。

2.情報開示の方法

適時開示規則に基づく情報開示にあたっては、東京証券取引所の提供する「TDnet(適時開示情報伝達システム)」等において開示した後、速やかに当社ウェブサイトへ掲載します。
また、適時開示規則に該当しない情報であっても、同様に、当社ウェブサイトへの掲載等により、できる限り公平かつ広範に当該情報が伝達されるよう努めます。

3.将来の見通しについて

当社が開示する当社グループの見通し、予想、目標、計画等を含む将来に関する情報については、開示時点における当社の判断又は仮定に基づくものであり、将来の計画数値や施策の実現を確約又は保証するものではありません。実際の業績等は、様々な要素によって大きく異なる結果となりうることがあります。

4.沈黙期間

当社は、決算情報等の株価に影響を与える情報の漏洩を防ぎ、公平性を確保するため、原則として、各四半期末の翌日から当該四半期決算発表日までを「沈黙期間」と設定しています。当該沈黙期間中は、決算・業績見通しに関する質問への回答やコメントを差し控えることとしています。ただし、既に公表されている情報に関する問い合わせについては、この限りではありません。また、当該沈黙期間中に従来の業績予想から大きく乖離する見込みとなった場合には、適時開示規則に従い情報を開示します。

Page Top